核反应堆燃料元件冶金与加工


出版: 原子能出版社
分类: TL352
形态: 约 424 页 - 284 章节

全文目录

核反应堆燃料元件
第一章 核裂变能
1—1引言
1—2原子结构和同位素
1—2—1原子结构
1—2—2同位素
1—3放射性
1—3—1放射性同位素
1—3—2放射衰变
1—3—3放射半衰期
1—4中子反应
1—4—1中子——核反应的类型
1—4—2弹性散射
1—4—3非弹性散射
1—4—4中子俘获反应
1—4—5核截面
1—5裂变过程
1—5—1核裂变
1—5—2裂变中子
1—5—3裂变能
1—5—4裂变产物
1—5—5裂变材料的生产
1—6核反应堆
1—6—1反应堆构造的一般特征
1—6—2临界质量
1—6—3快中子反应堆和增殖反应堆
1—6—4热中子和超热中子反应堆、增殖反应堆
参考文献
第二章 燃料元件诸问题
2—1引言
2—2核燃料
2—3燃料元件的运行条件
2—3—1包壳
2—3—2热迁移
2—3—3辐照损伤
2—4燃料元件设计方面的限制因素
2—4—1包壳成分
2—4—2燃料成分
2—4—3冷却剂同燃料的关系
2—4—4燃料尺寸
2—4—5燃料寿命
2—5决定燃料元件寿命的因素
2—5—1燃料的贫化
2—5—2包壳腐蚀
2—5—3燃料芯体的暴露
2—5—4燃料的畸变
2—6反应堆的灾难性事故
第三章 铀及其合金
3—1引言
3—2金属铀的制取
3—2—1真空铸造和浓缩铀
3—2—2高纯金属铀
3—2—3分析
3—3物理性质和热学性质
3—4物理冶金
3—4—1结晶学和同素异构转变
3—4—2塑性形变机制
3—4—3a铀的织构
3—4—4择优取向对性能的影响
3—4—5金相和X射线衍射技术
3—4—6回复、再结晶和晶粒长大
3—4—7相变对组织和晶粒度的影响
3—4—8β处理对组织和晶粒度的影响
3—4—9β处理时的尺寸变化
3—4—10细化铸态铀晶粒的热处理
3—4—11晶粒度比较
3—4—12机械性能
3—5铀合金
3—5—1合金化行为
3—5—2合金元素对晶粒度的影响
3—5—3铀——铝合金
3—5—4铀——铍合金
3—5—5铀——铬合金
3—5—6铀——〓合金
3—5—7铀——钼合金
3—5—8铀——铌合金
3—5—9铀——硅合金
3—5—10铀——锆合金
3—6腐蚀
3—6—1腐蚀反应
3—6—2空气中的腐蚀
3—6—3铀在水中的腐蚀
3—6—4合金元素对铀在水中腐蚀的影响
参考文献
第四章 二氧化铀
4—1引言
4—1—1陶瓷燃料的优缺点
4—1—2应用
4—2陶瓷体制备的原则
4—2—1概要
4—2—2压实和烧结
4—3二氧化铀
4—3—1结构和性质
4—3—2二氧化铀粉末的化学制备
4—3—3二氧化铀粉末的物理处理
4—3—4加工技术
4—4二氧化铀的性能
4—4—1与冷却剂的相容性
4—4—2辐照尺寸稳定性
4—4—3热学性能
4—4—4裂变产物的保留
4—4—5其它各种效应
4—5铀的其它化合物
参考文献
第五章 包壳材料
5—1引言
5—2反应堆环境的独特要求
5—2—1核子性能
5—2—2辐照稳定性
5—3已在应用的包壳材料的比较
5—3—1抗腐蚀性
5—3—2机械性能
5—4铝
5—4—1腐蚀
5—4—2机械性能和加工
5—4—3改良合金
5—5锆
5—5—1腐蚀
5—5—2锆中的氢
5—5—3机械性能和加工
5—5—4改良合金
5—6镁
5—6—1腐蚀
5—6—2机械性能和加工
5—6—3改良合金
5—7不锈钢
5—7—1腐蚀
5—7—2机械性能和加工
5—7—3改良合金
参考文献
第六章 芯体与包壳的相互作用
6—1引言
6—1—1机械结合
6—1—2直接的冶金结合
6—1—3中间层结合
6—2芯体——包壳组合中的重要因素
6—2—1加工相容性
6—2—2尺寸稳定性
6—2—3导热性
6—2—4腐蚀稳定性
6—2—5芯体与包壳的相互扩散
6—3芯体——包壳组合的例子
6—3—1用铝包覆的铀和铀合金燃料元件
6—3—2用锆和锆合金包覆的金属燃料元件
6—3—3用不锈钢包覆的铀和铀合金燃料元件
6—3—4用金属包覆的陶瓷燃料元件
参考文献
第七章 裂变材料的辐照行为
7—1引言
7—1—1问题的概述
7—1—2燃耗单位
7—2尺寸不稳定性
7—2—1裂变损伤
7—2—2肿胀
7—2—3其它尺寸不稳定性来源
7—3金属燃料辐照行为的一般论述
7—3—1铀的各向异性生长
7—3—2铀在辐照下的蠕变
7—3—3相逆变
7—3—4金属燃料的肿胀
7—4金属燃料
7—4—1铀
7—4—2铀合金
7—4—3克服肿胀的办法
7—5弥散燃料
7—5—1材料选择
7—5—2裂变弥散相的颗粒度
7—5—3弥散相与基体的相容性
7—5—4辐照行为
参考文献
第八章 燃料元件设计的堆工问题
8—1引言
8—2物理、辐照损伤及腐蚀的某些考虑
8—3传热学基础
8—3—1结合状态的考虑
8—3—2燃料内部的热传导
8—3—3强制对流传热
8—3—4沸腾
8—3—5烧毁
8—4流体力学基础
8—4—1自然循环沸腾
8—4—2非沸腾系统中的压降
8—5热管因子的影响
8—6通量分布不均匀的影响
8—7反应堆可能的瞬态过程对设计工况的影响
8—8热应力
8—9结论
参考文献
第九章 芯材加工
9—1引言
9—2熔炼和铸造
9—2—1熔炼炉
9—2—2铀的熔炼
9—2—3铀合金熔炼
9—2—4健康、安全和物料平衡
9—3粉末冶金加工
9—3—1铀及其合金
9—3—2金属陶瓷型燃料元件
9—3—3设备
9—3—4健康和安全
9—4压力加工
9—4—1轧制
9—4—2锻造
9—4—3挤压
9—4—4其它加工方法
9—5熔焊
9—6切削加工
9—6—1铀
9—6—2健康和安全
参考文献
第十章 包覆和结合技术
10—1引言
10—2机械结合
10—2—1滑动配合
10—2—2静液压和热气压包覆
10—2—3电缆挤压(挤压包覆)
10—2—4旋转锻造
10—2—5拉拔
10—3直接冶金结合
10—3—1轧制结合
10—3—2挤压结合(共挤)
10—3—3铸造结合
10—4间接或中间层结合
10—4—1铝——硅法
10—4—2热压包覆
10—5液体金属结合
10—5—1一般考察
10—5—2程序
10—6端部密封和封顶
10—6—1焊接
10—6—2钎焊
10—6—3点密封技术
10—6—4旋转模锻
10—7附录
10—7—1铀的镀镍程序
10—7—2轧制结合加工程序详述
参考文献
第十一章 燃料组件概念
11—1引言
11—1—1燃料组件的定义
11—1—2燃料组件的用途
11—2组装燃料组件用的材料
11—2—1金属材料的选择
11—2—2燃料组件组装中金属的焊接
11—2—3燃料组件中材料的种类
11—2—4燃料组件的尺寸及应力控制
11—3棒状元件组成的燃料组件
11—3—1结构
11—3—2焊接方法
11—3—3检查方法
11—4板状元件组成的燃料组件
11—4—1结构
11—4—2焊接或组装方法
11—5管状元件组成的燃料组件
11—5—1管状元件的排列方式
11—5—2组件接头
11—6复杂元件组成的燃料组件
11—6—1结构
11—6—2焊接或组装方法
参考文献
第十二章 检查和试验
12—1核燃料元件检查和试验的必要性
12—2燃料元件需检查和试验的项目
12—2—1成份
12—2—2完善程度
12—2—3形状和尺寸
12—3加工流程中检查和试验的几个阶段
12—3—1原料
12—3—2原料加工
12—3—3元件加工
12—3—4燃料组件
12—4检查和试验方法
12—4—1贯穿辐射
12—4—2声波和超声波
12—4—3渗透和压力
12—4—4电磁法
12—4—5光学
12—4—6热学
12—4—7化学
12—4—8机械测量
12—4—9检查和试验的一般原则
参考文献
附录相图
参考文献

> 分类号相同的书
  1. 反应堆燃料棒束传热(译文集), ,原子能出版社, ,TL352
  2. 核反应堆燃料元件基本问题 上册, ,原子能出版社, ,TL352
  3. 核反应堆燃料元件基本问题 下册, ,原子能出版社, ,TL352
  4. 燃料元件无损检查,刘兰华,原子能出版社, ,TL352.2
> 相同出版社的书
  1. 带电粒子束,吕建钦,原子能出版社,7-04-012965-5,TL5
  2. 辐射防护最优化原则及其应用,夏益华,原子能出版社,7-5022-2099-2,TL7
  3. 在大学里怎样学习,Pauk,原子能出版社,7-5022-0084-3,G645.4
  4. 偏振光,新谷隆一,原子能出版社,7-5022-1233-7,O436.3
  5. 现代量子力学教程,陈中轩,原子能出版社,7-5022-2098-4,O413.1
  6. 等离子体物理学, ,原子能出版社,7-03-004297-2,O53.00
  7. 气固反应动力学,葛庆仁,原子能出版社,7-5022-0400-8,O643.13
  8. 海水提铀, ,原子能出版社, ,P746.2
  9. 核能与核技术应用,王成孝,原子能出版社,7-5022-2435-1,TL
中图分类: > TL352 > 工业技术 > 原子能技术 > 核反应堆工程 > 反应堆部件及其设计、制造 > 燃料元件和组件

© 2008 www.nulog.cn